Andrea Cusumano, MD, PHDは、ローマトルヴェルガータ大校(イタリア)の眼科の研究教授です。アレクサンダー・フォン・フンボルト財団の研究者として、ボンのフリードリヒ・ヴィルヘルム大学の眼科医院のアルフレッド・クルップ電子顕微鏡検査室を指揮しました。眼の超微細構造分析における外科医および医療科学者の専門家として、革新的な診断技術の開発ならびに遺伝性眼疾患の治療のための新しい外科的およびレーザー手術の導入に積極的に貢献しています。Andrea Cusumano, MD, PHDは、眼科の分野でトランスレーショナル医療を支援する世界的な非営利団体Macula&Genoma Foundation Onlusの創設者兼社長です。