Anthony J. Aldave博士は角膜・ブドウ膜炎のWalton Li 議長を務め、 カリフォルニア大学(ロサンゼルス)Jules Stein Eye 研究所で角膜屈 折矯正手術フェローシッププログラムの責任者であり、角膜・ブドウ 膜炎部門の責任者を務めています。医学部首席卒業に対するAlpha Omega Alpha奨学金賞、Heed眼科財団フェローシップ、米国眼科協 会- Knapp 推薦基金フェローシップ、第1回Claes Dohlman協会賞、米 国眼科アカデミーの功績、書記および上級功績など、キャリアにおい て数多くの名誉を受けています。多忙な臨床診療に加えて、Jules Stein Eye研究所の角膜遺伝子研究室を指揮しています。NIHが助成す る研究では、角膜の透明性に影響を与え、角膜移植の主な適応の1つ となる遺伝性疾患群である角膜ジストロフィーの分子遺伝子に重点的 に取り組んでいます。選択された科学研究分野の主導者として認めら れており、100件以上の査読付き原稿の著者を務め、地域、国内、国 際会議で250回以上の科学的講演の招待を受け、14の眼科および遺伝 学学術誌の科学査読者を務めています。