David G. Hwang博士、FACSは、サンフランシスコ州カリフォルニア 大学(UCSF)眼科学部の教授兼副学部長であり、眼科においてPearl T. and SamuelJ. Kimura Endowed Chair in Ophthalmologyを授与され ています。20歳でUCSF医学部を首席卒業した後、UCSFの内科と眼 科で研修を受けました。HeedフェローとしてDoheny Eye Instituteで 角膜、屈折矯正術、ブドウ膜炎のフェローシップを受け、後にHeed- Knappフェローシップを受賞した3人のうちの1人に指名されました 。UCSF医学部の教員に加わり、現在は教授兼副学部長、角膜業務責 任者、屈折矯正術業務責任者を務めています。UCSFでは、眼科の医 療責任者、UCSFアイバンクの責任者、外科手術業務の副学部長を務 めています。眼微生物学および免疫学グループの会長、およびMax Fine角膜学会の執行理事に選出されました。Hogan賞、Asbury賞 、UCSF眼科教育賞、AAO名誉賞、AAOシニア名誉賞の受賞歴があり ます。現在の世界の眼科部門の眼科教授、部門長、議長を含む75名以 上の臨床研究員と博士研究員を指導してきました。13件の指名講義と 主旨講演を行い、100以上の論文と科学的抄録を発表、角膜および屈 折矯正術に関する2つの論文を共同執筆しました。20年以上連続して 「アメリカのベストドクター」の1人でもあり、研究対象として、眼 科抗菌治療および薬物耐性、角膜内皮細胞移植および遺伝子移植、な らびに角膜、白内障、屈折矯正手術における新しい技術および機器の 臨床開発が挙げられます。