Genya Dana博士がAvellinoに入社しました。世界経済フォーラムに在籍していた直近の5年間、世界の医療とウェルビーイングに影響を与える新たな技術や財務モデル、提供方法、治療オプションの持続可能で革新的な取り組みを促進するためのパートナーシップを構築しました。Genyaは産業界を超えて新興、技術の影響を国際的な政策立案者に提言してき経験を生かし、政策・外交・技術的スキルを独自に融合させたグローバル医療政策責任者という役割を担います。 

医療システムで20年の実務経験があり、ゲノムや合成生物学で世界的に著名な専門家です。彼女は国連のような多国間組織で科学・技術・革新に関するアメリカの交渉役を務め、アフリカに重点を置いた持続可能な開発のための科学・技術・革新の推進に努め、脳科学や生物工学の科学研究を支援するための国際的なパートナーシップを発展させました。 

Genyaは、ミネソタ大学から生命工学とリスク評価で博士号を、科学・技術・環境政策で理学修士号を、そしてエモリー大学から分子生物学で理学学士号を授与されています。