H. Burkhard Dick教授はドイツの国際的に有名な眼科外科医であり、 眼科手術補助粘弾性物質を専門としています。キャリアを通じて、眼 科手術の全領域を対象としており、定期的に白内障手術、レーシック 手術、有水晶体眼内レンズインプラント、緑内障手術、角膜移植、お よび毛様体偏平部硝子体切除を行っています。年間で2,500の前眼部 、ならびに数百の網膜硝子体手術を行っています。1983年の卒業後は 2年間、ドイツ軍の医療将校として過ごしました。1991年に博士号を 取得、その後Giessenの大学眼科病院で2年間研修を受けました。外科 のキャリアはJustus-Liebig大学Giessen Eye Hospitalでの奨学金から 始まりました。オプティカルエクスプレス国際医療諮問委員会 (IMAB )の委員であり、 University Eye Clinic Bochum校の眼科教授 、学科長兼責任者を務めています。白内障、屈折手術、緑内障、網膜 手術について若い眼科外科医を対象に教鞭を執っています 。University Eye Clinicは、マイクロ切開白内障手術(MICS)および 有水晶体眼内レンズのリファレンスセンターとして機能しています。 いくつかの本の著者であり、専門誌であるOphthalmology、American Journal of Ophthalmology、Journal of Glaucoma、Retina、Retina, Journal of Refractive Surgery、Graefe’s Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology、Journal of Cataract and Refractive Surgeryなどで300以上の論文を執筆し、多くの国際会議で発表しまし た。