Rovert Sikorski博士は、独立した医薬品開発者であり、自身の会社で あるWoodside Way Venturesを通じて次世代の治療法を進めることに 重点的に取り組んでいます。以前には、FivePrime Therapeuticsの最 高医療責任者として、開発組織を構築、抗腫瘍薬を進化させる臨床プ ログラムを主導、BMSとの3.5億ドルのパートナーシップ契約を管理 する運営委員会を主導しました。Medimmuneのグローバルな腫瘍学 研究開発の統括職として、臨床試験第I相と第II相で6つのタンパク質 ベースの治療薬の臨床ポートフォリオを管理しました。肺癌患者を対 象として第III相試験に進んだ最初のPDL1xCTLA4の併用レジメンを 開発しました。Amgenでは、グローバル腫瘍学研究開発責任者として 、結腸直腸癌における最初の遺伝子変異コンパニオン診断に基づきヨ ーロッパのマーケティング認可を取得したVectibixのための主要な第 III相試験の成功を推進しました。またGenzymeの医療アドバイザーで もあり、Mednav, Inc.のCTOでした。腫瘍学と内科の両方で資格認定 を受けています。Science誌とThe Journal of the American Medical Association誌の編集者を務めてきました。