Susan (Siw) DanielsはAvellinoの最高科学責任者であり、25年を超える分子疾患テクノロジーと診断ソリューションを開発してきた経験を有します。 Siwは、Avellino入社以前、IDbyDNAにおける研究開発の副社長であり、感染症向けプレシジョン・メタゲノミクスの商業化を主導してきました。それ以前は、非侵襲的な出生前検査の分子診断検査サービス、さらに医薬品向けの腫瘍学検査サービスを提供する、カリフォルニア州サンノゼのRoche CLIA研究所の事業責任者を務めていました。

閉塞性冠動脈疾患の診断に用いる世界初の血液ベースのゲノム検査の商業化に向けて、研究開発チームも率いています。さらに、Siwは、ゲノム情報を利用してヒトの疾患の分子基盤を理解する初期のパイオニアであるIncyte GenomicsやSequana Therapeuticsにて、研究開発の上級職を歴任していました。

Siwはウェールズ大学カーディフ校から生化学の博士号を取得後、オックスフォード大学のWelcome Trust Centre for Human Geneticsのフェローとして博士研究に従事しました。また、ウェールズ大学カーディフ校から生化学の優等理学士号を取得しました。