JOHN MARSHALL

John Marchall教授は眼科のFrost Professor、St Thomas病院の眼科学 部の会長であり、以前は1982年から1991年まで眼科研究所の実験眼 科のSembal 教授を務めてしました。過去40年間の研究では多くの眼 の問題を対象としていましたが、光と老化の相互関係、年齢関連性糖 尿病性遺伝性網膜疾患に潜むメカニズム、さらに眼科診断や手術に使 用するレーザーの開発に重点的に取り組んでいます。この研究により 、約400の研究論文と数多くの書籍や寄稿が発表されました。屈折異 常の矯正のための革命的なエキシマレーザーを製造し、特許を取得し ました。これまでに世界中で1,700万件以上の処置が実施されていま す。また、糖尿病、緑内障、老化による眼の問題を治療するため、世 界初のダイオードレーザーを開発しました。数多くの国際雑誌で編集 者や共同編集者を務めています。受賞歴として、英国眼科協会の Nettleship Medal勲章、眼鏡製造工(Worshipful Company of Spectacle Makers)のMachenzie勲章、Raynor勲章、Ridley勲章 、Ashton勲章、Ida Mann Medal勲章、Lord Crook Gold勲章、オック スフォード議会のDoyne勲章、国際白内障・屈折矯正手術学会の Barraquer勲章、米国屈折・白内障外科学会のKelmanイノベーター賞 、およびシンガポール国立眼科センターのLim勲章があります。世界 中の数多くの大学で客員教授を務めてきました。多くの国際企業の医 療諮問委員会議長、手術用ダイオードレーザーシステムの主要なサプ ライヤーであるDiomedの取締役を数年間務めています。

TERRY KIM 博士(MD)

デューク大学アイセンターの眼科教授であるTerry Kim博士は、デュ ーク大学医学部にて医学学位を取得、エモリーアイセンター眼科にて 研修および主任研修を修了しました。Wills Eye病院にて角膜、外部疾 患、屈折矯正術のフェローシップ研修を続けました。その後、デュー ク大学アイセンターに採用され、多くの臨床試験、ならびに国立衛生 研究所をはじめとした業界スポンサーが支援する研究助成金で首席治 験責任医師および治験分担医師を務めました。以前は研修医制度およ び眼科フェローシッププログラムの責任者を務め、現在は角膜・外部 疾患部部長および屈折外科業務の責任者を務めています。臨床的およ び外科的専門知識により2003年以降、アメリカのベストドクター、ノ ースカロライナ州のベストドクター、アメリカのトップ眼科医の年間 リストに継続して選出され、ディスカバリーチャンネルやウォールス トリートジャーナルで特集されました。また、眼科手術ニュース (Ocular Surgery News)で300人のプレミア外科医の1人として同僚 から投票されています。学術成就として、300件以上の査読付き学術 論文、教科書の執筆、科学的抄録が挙げられます。また角膜疾患と白 内障手術に関する、評価の高い4冊の教科書で編集者および著者を務 めています。

ANTHONY J. ALDAVE 博士(MD)

Anthony J. Aldave博士は角膜・ブドウ膜炎のWalton Li 議長を務め、 カリフォルニア大学(ロサンゼルス)Jules Stein Eye 研究所で角膜屈 折矯正手術フェローシッププログラムの責任者であり、角膜・ブドウ 膜炎部門の責任者を務めています。医学部首席卒業に対するAlpha Omega Alpha奨学金賞、Heed眼科財団フェローシップ、米国眼科協 会- Knapp 推薦基金フェローシップ、第1回Claes Dohlman協会賞、米 国眼科アカデミーの功績、書記および上級功績など、キャリアにおい て数多くの名誉を受けています。多忙な臨床診療に加えて、Jules Stein Eye研究所の角膜遺伝子研究室を指揮しています。NIHが助成す る研究では、角膜の透明性に影響を与え、角膜移植の主な適応の1つ となる遺伝性疾患群である角膜ジストロフィーの分子遺伝子に重点的 に取り組んでいます。選択された科学研究分野の主導者として認めら れており、100件以上の査読付き原稿の著者を務め、地域、国内、国 際会議で250回以上の科学的講演の招待を受け、14の眼科および遺伝 学学術誌の科学査読者を務めています。

H. BURKHARD DICK 教授

H. Burkhard Dick教授はドイツの国際的に有名な眼科外科医であり、 眼科手術補助粘弾性物質を専門としています。キャリアを通じて、眼 科手術の全領域を対象としており、定期的に白内障手術、レーシック 手術、有水晶体眼内レンズインプラント、緑内障手術、角膜移植、お よび毛様体偏平部硝子体切除を行っています。年間で2,500の前眼部 、ならびに数百の網膜硝子体手術を行っています。1983年の卒業後は 2年間、ドイツ軍の医療将校として過ごしました。1991年に博士号を 取得、その後Giessenの大学眼科病院で2年間研修を受けました。外科 のキャリアはJustus-Liebig大学Giessen Eye Hospitalでの奨学金から 始まりました。オプティカルエクスプレス国際医療諮問委員会 (IMAB )の委員であり、 University Eye Clinic Bochum校の眼科教授 、学科長兼責任者を務めています。白内障、屈折手術、緑内障、網膜 手術について若い眼科外科医を対象に教鞭を執っています 。University Eye Clinicは、マイクロ切開白内障手術(MICS)および 有水晶体眼内レンズのリファレンスセンターとして機能しています。 いくつかの本の著者であり、専門誌であるOphthalmology、American Journal of Ophthalmology、Journal of Glaucoma、Retina、Retina, Journal of Refractive Surgery、Graefe’s Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology、Journal of Cataract and Refractive Surgeryなどで300以上の論文を執筆し、多くの国際会議で発表しまし た。

木下 茂 教授

1974年に大阪大学医学部を卒業、1992年から京都県立医科大学眼科 にて眼科教授兼学部長を務めました。1980年代初頭、ボストンの Schepens Eye Research Instituteで Richard A. Toft 博士と共同研究を 行い、ハーバード医学部で角膜でのフェローシップを修了しました。 角膜に関する画期的で革新的な研究により、世界中の眼科界で知られ ています。木下教授は、視覚障害の主要原因となる角膜ジストロフィ ーの診断と治療のため、当社の遺伝学に基づくオーダーメイド治療の ソリューション開発における研究努力に対して指針を示しています。 角膜ジストロフィーは先進国で9億人以上が罹患し、現在実施されて いる角膜形成手術または角膜移植の約半分を占めています。

DAVID G. HWANG 博士、FACS(アメリカ外科学会正会員)

David G. Hwang博士、FACSは、サンフランシスコ州カリフォルニア 大学(UCSF)眼科学部の教授兼副学部長であり、眼科においてPearl T. and SamuelJ. Kimura Endowed Chair in Ophthalmologyを授与され ています。20歳でUCSF医学部を首席卒業した後、UCSFの内科と眼 科で研修を受けました。HeedフェローとしてDoheny Eye Instituteで 角膜、屈折矯正術、ブドウ膜炎のフェローシップを受け、後にHeed- Knappフェローシップを受賞した3人のうちの1人に指名されました 。UCSF医学部の教員に加わり、現在は教授兼副学部長、角膜業務責 任者、屈折矯正術業務責任者を務めています。UCSFでは、眼科の医 療責任者、UCSFアイバンクの責任者、外科手術業務の副学部長を務 めています。眼微生物学および免疫学グループの会長、およびMax Fine角膜学会の執行理事に選出されました。Hogan賞、Asbury賞 、UCSF眼科教育賞、AAO名誉賞、AAOシニア名誉賞の受賞歴があり ます。現在の世界の眼科部門の眼科教授、部門長、議長を含む75名以 上の臨床研究員と博士研究員を指導してきました。13件の指名講義と 主旨講演を行い、100以上の論文と科学的抄録を発表、角膜および屈 折矯正術に関する2つの論文を共同執筆しました。20年以上連続して 「アメリカのベストドクター」の1人でもあり、研究対象として、眼 科抗菌治療および薬物耐性、角膜内皮細胞移植および遺伝子移植、な らびに角膜、白内障、屈折矯正手術における新しい技術および機器の 臨床開発が挙げられます。

EUNG KWEON KIM, 博士(MD, PHD)

Eung Kweon(EK)Kim博士は、延世大学校医学部眼科の名誉教授兼 学部長であり、延世大学校医療院セブランス病院(ソウル、韓国)の 眼科医を務めています。顆粒状角膜ジストロフィーの専門知識により 世界的に認められており、自身の研究について140件以上の査読付き 論文が発表されています。アベリーノ角膜ジストロフィー(GCD2) がレーシック手術の禁忌であることを最初に報告した人物であり、そ の後LASEKとPRKも禁忌となっています。GCD2について分子細胞生 物の実験を実施し、GCD2を有する角膜の線維芽細胞が酸化ストレス に罹患していることを報告しました。GCD2の病態生理学に関する研 究を継続的に行っています。

ERIC DONNENFELD, MD

Eric Donnenfeld, MDはアメリカ白内障屈折矯正外科学会の理事であり、TLCレーザーアイセンターの全国医療責任者です。ニューヨーク大学メディカルセンターの眼科学の臨床教授であり、EyeWorldの主任編集長でもあるEric Donnenfeld博士は、屈折矯正手術に特に焦点を当てた出版された多数の研究を有し、眼科学の尊敬される研究者および革新者です。Eric Donnenfeld博士はアメリカ眼科学会の会員であり、ロングアイランドの眼科コンサルタントをしています。

EDWARD HOLLAND, M.D.

Edward Holland, M.D.はシンシナティ眼科研究所の角膜サービスディレクターであり、シンシナティ大学の眼科学教授です。彼はアメリカ白内障屈折矯正手術協会、角膜協会、アメリカアイバンク協会の元会長です。Edward Holland, M.D.は、名高いBinkhorst Medal(2008)の受賞者で、アメリカ眼科学会の評議員会の委員を務めています。

RICHARD L. LINDSTROM, M.D.

Richard L. Lindstrom, M.D.はミネソタアイコンサルタントの創設者であり、角膜、白内障および屈折矯正手術の国際的に認められたリーダーであり、世界中の職能団体を前に人気の基調講演およびゲスト講師務めています。 眼科学における革新の最前線の先駆者として知られているRichard L. Lindstrom, M.D.は、世界中で臨床診療に使用される医薬品および医療機器に関する40以上の特許を保有し、彼の発表した臨床研究を通じて眼科科学に多大な貢献を果たしてきました。

ELIZABETH YEU, M.D.

Elizabeth Yeu, M.D.はイースタンバージニア医科大学の助教授です。彼女は米国眼科評論雑誌の編集長であり、Millennial Eyeの医療編集者です。Elizabeth Yeu, M.D.は、前眼部再建術および眼表面疾患、屈折性白内障手術の尊敬されている専門家であり、多くの国内医療評議員や委員を務めています。

ANDREA CUSUMANO, MD, PH.D

Andrea Cusumano, MD, PHDは、ローマトルヴェルガータ大校(イタリア)の眼科の研究教授です。アレクサンダー・フォン・フンボルト財団の研究者として、ボンのフリードリヒ・ヴィルヘルム大学の眼科医院のアルフレッド・クルップ電子顕微鏡検査室を指揮しました。眼の超微細構造分析における外科医および医療科学者の専門家として、革新的な診断技術の開発ならびに遺伝性眼疾患の治療のための新しい外科的およびレーザー手術の導入に積極的に貢献しています。Andrea Cusumano, MD, PHDは、眼科の分野でトランスレーショナル医療を支援する世界的な非営利団体Macula&Genoma Foundation Onlusの創設者兼社長です。