Gene Lee

Gene LEEは現会長であり、アベリーノラボの企業ネットワークを支 える創設者あり、そして先見者です。いくつもの企業を立ち上げた彼 は、2008年に韓国でアべリーノラボを創業し、20年以上にわたり医 薬品、ヘルスケア、遺伝子診断のチームを率いています。2013年、ア ベリーノラボは米国を拠点としたグローバル企業へと成長するためシ リコンバレーへ移転しました。さらにGene LEEは、アベリーノのIP ポートフォリオにおけるほぼ全ての特許の主要発明者であり、著者で もあります。

Jon Robson

Avellinoの社長、CEO、取締役会メンバーであるジョン・ロブソンは、アーリーステージのテクノロジー企業と大規模な多国籍データビジネスの双方で、データと分析による価値を創造してきた豊富な経験を当社にもたらします。これまで、マネーライン・テレレート創業者兼CEO、ロイター・アメリカCEO、トムソン・ロイター法人部門社長、NYSEテクノロジーズCEO、ファースト・デリバティブズ社長、DXCルクソフト資本市場部門社長を歴任しています。

Thomas Kim

Tomは現在の最高戦略責任者兼秘書役です。2011年のアベリーノ・ラボ(Avellino Lab)米国事務所の設立以来、アベリーノ・ラボの社外法律顧問を務めていました。その後、2015年に取締役会の相談役、2016年にはアベリーノ・ラボの取締役就任を経て、最終的に2018年には最高戦略責任者兼秘書役に就任しました。ベンチャーキャピタルファイナンス 、有価証券の新規公開、M&A、役員報酬関連規則をはじめとした戦略的な商取引に関連する業務において、豊富な法律・ビジネス経験を有しています。

Cyril Allouche, MBA, CPA

Avellinoはまた、新たな財務最高責任者兼財務部長としてサイリル・アローシュを迎えます。アローシュ氏は診断、バイオ医薬品分野を含む上場企業や新規株式公開前の企業の双方で培った20年以上の財務リーダーとしての経験をAvellinoにもたらします。前職はダーマヴァント・サイエンシーズでCFO、レヴァンス・セラピューティクス、ケアDXで財務リーダーを務めました。またプライスウオーターハウスクーパースで監査、トランザクションサービスを10年以上手がけました。

Susan Daniels

Susan (Siw) DanielsはAvellinoの最高科学責任者であり、25年を超える分子疾患テクノロジーと診断ソリューションを開発してきた経験を有します。 Siwは、Avellino入社以前、IDbyDNAにおける研究開発の副社長であり、感染症向けプレシジョン・メタゲノミクスの商業化を主導してきました。それ以前は、非侵襲的な出生前検査の分子診断検査サービス、さらに医薬品向けの腫瘍学検査サービスを提供する、カリフォルニア州サンノゼのRoche CLIA研究所の事業責任者を務めていました。 閉塞性冠動脈疾患の診断に用いる世界初の血液ベースのゲノム検査の商業化に向けて、研究開発チームも率いています。さらに、Siwは、ゲノム情報を利用してヒトの疾患の分子基盤を理解する初期のパイオニアであるIncyte GenomicsやSequana Therapeuticsにて、研究開発の上級職を歴任していました。 Siwはウェールズ大学カーディフ校から生化学の博士号を取得後、オックスフォード大学のWelcome Trust Centre for Human Geneticsのフェローとして博士研究に従事しました。また、ウェールズ大学カーディフ校から生化学の優等理学士号を取得しました。

Eric Bernabei

EricはAlconを経てアベリーノラボに入社、眼科手術業界において20 年の製品開発ならびに商業化の経験を有しています。患者ケアからキ ャリアをスタートさせ、1999年に最初のエキシマレーザーメーカーの 1つであるSummit Technologyとともに業界に参入しました 。Summit、BD Ophthalmic Systems、Alconにて商業化のリーダーシ ップを継続して発揮しました。アメリカ、アジア/日本、近年ではヨ ーロッパ、中東、アフリカ地域に拠点を置きながら、彼のキャリアの 大部分をグローバル、地域、国レベルの役割で高度な新技術の導入に 重点的に取り組んできました。

Joe Boyd

ジョーはノバルティスからAvellinoアベリーノに入社しました。ノバルティスでは、市場開発部門を率い、ドライアイ治療薬シードラの記録的な成長をもたらしました。25年以上にわたり診断、医薬、医療機器業界の大・中規模やスタートアップ企業で経験を積み、主要な役割を果たしてきました。ノバルティス入社以前には、シャイア、武田薬品工業、インスパイアでチームを構築し、指導を行ってきました。業界の専門家として、同業者や専門家の協会から頻繁に営業・マーケティング、専門職対応、先導的指導者支援、メディカルアフェアーズ、メディカルコミュニケーション、競合分析、商業運用、倫理・法令順守を指導した経験と戦略に関する講演依頼を受けています。その経験は、眼科、腫瘍、泌尿器、抗感染症、アレルギー、ぜんそく、皮膚、消化器、気管支内視鏡、胆管内視鏡と幅広い分野にわたっています。

Genya Dana(PhD)

Genya Dana博士がAvellinoに入社しました。世界経済フォーラムに在籍していた直近の5年間、世界の医療とウェルビーイングに影響を与える新たな技術や財務モデル、提供方法、治療オプションの持続可能で革新的な取り組みを促進するためのパートナーシップを構築しました。Genyaは産業界を超えて新興、技術の影響を国際的な政策立案者に提言してき経験を生かし、政策・外交・技術的スキルを独自に融合させたグローバル医療政策責任者という役割を担います。  医療システムで20年の実務経験があり、ゲノムや合成生物学で世界的に著名な専門家です。彼女は、国連のような多国間組織で科学・技術・革新に関するアメリカの交渉役を務め、アフリカに重点を置いた持続可能な開発のための科学・技術・革新の推進に努め、脳科学や生物工学の科学研究を支援するための国際的なパートナーシップを発展させました。  Genyaは、ミネソタ大学から生命工学とリスク評価で博士号を、科学・技術・環境政策で理学修士号を、そしてエモリー大学から分子生物学で理学学士号を授与されています。

Nancy Selph

ナンシーは組織改革やインフラ運営、建設プロセス設計、製品/プロジェクトマネジメントの分野で30年以上の経験を持つ顧客中心の視点で行動するビジネスリーダーです。 Avellinoの情報システム部長として、ナンシーはデジタルテクノロジーとエンジニアリングチームを率い、人工知能とビッグデータの「バッチ&ストリーミング」機能を組み合わせた同社の次世代ゲノムデータ処理・解析プラットフォーム/サービスの開発に取り組んでいます。 Avellinoに入社以前は、Wells Fargoで上級副社長としてネットプロモータースコア(NPS)システムの導入と管理を担当していました。また、Deutsche BankやUBS、Credit Suisse、Merrill Lynch、Thomson Reutersでも上級管理職を務めていました。

John Hong

John Hongは19年以上の雇用と労働法の経験をアベリーノにもたらします。彼は、労働法および雇用法のすべての分野での助言、カウンセリング、およびトレーニングの専門知識を持っています。John Hongはサンフランシスコ大学ロースクール理事を務め、最近では北カリフォルニア韓国系アメリカ人弁護士会会長(KABA-NC)、および国立アジア太平洋アメリカ人理事会、アジア太平洋アメリカ弁護士会(NAPABA)の理事を務めました。アベリーノでは、人事/ビジネスポリシーの策定、トレーニング、人材/従業員の育成、ビジネス戦略、従業員計画、人材獲得、および組織全体の戦略的成長に沿ったプログラムの開発などの役割を担っています。

Horiuchi Nobuhide

堀内信秀はAvellinoジャパン統括マネージャーであり、経営管理・販売・マーケティング・日本の人事の統括責任者です。諸外国市場の専門知識に詳しく、カリフォルニア州メンロパーク本社の幹部とも密接に連携をとっています。韓国や中国など、多くの国での業務経験を有しています。

Scott Korney

Scott Korney氏は、2012年にAvellino社に入社し、同社初の米国人従業員として活躍しています。最高執行責任者(2012年~2020年)、米国支社責任者(2021年)、現在は施設および不動産のグローバル責任者など、様々な分野を率いてきました。彼の才能と献身によって、Avellino社は、小さな始動から、数百人の従業員を擁するグローバルなバイオテクノロジー企業へと成長しました。 Scott氏は、2つの事業を立ち上げた起業家として、科学とバイオテクノロジー産業における40年の経験を持ち、多くの初期段階のベンチャー事業を支援し、さらに、ARCO、Johnson & Johnson、Pfizerといったフォーチュン500社の3つの企業でも、グローバルチームを成功に導きました。カリフォルニア州立工科大学ポモナ校で、農学および作物学の応用科学学士号を取得しています。